【シェアハウス投資】失敗しないために知っておくべきこと

シェアハウス

シェアハウス投資の何が魅力?

シェアハウス投資の魅力は何と言っても、個人向け賃貸物件よりも高い利回りが得られる可能性があるということです。

入居者の数が多い分、家賃収入も増え、高い稼働率を保つことができれば、高い運用益を確保することができます。

しかし、そんな甘い話ばかりでもない、と考える方も多いはず、、!


本記事では「シェアハウス投資に興味があるけど、トラブルに巻き込まれるのが怖い」「初期費用が高く、リターンがいつ見込めるかの見通しが難しい」など、シェアハウス投資に関する不安を解消できるよう、投資をする上で気をつけておきたいポイントをわかりやすくご紹介致します。

そもそもシェアハウスって何?

シェアハウスとは「1つの住居に複数人が共同で住んでいる物件」のことを指します。

複数個室のある一軒家やマンションのワンフロアを複数人が住めるように改築した物件で、リビングやキッチン、お風呂やトイレなどは共用で使用し、居室部分は個室や二人部屋など鍵のかかるプライベート空間になっています。

シェアハウスという住居スタイルは、日本ではあまりメジャーではありませんが、海外では留学やワーキングホリデー期間中など、比較的安価で都市(通学や通勤に便利な場所)に住みたい若者にとっては人気の住居スタイルです。

一般的な「不動産投資」と何が違う?

シェアハウス投資とはシェアハウスに適した物件を購入し、物件を運営することです。

運営方法には基本的に2つの方法があります。

それは「自主管理」と「管理委託」です。

それぞれ、ご紹介していきます。

運営方法①自主管理

まず「自主管理」とはその名の通り、自分で購入した物件をシェアハウスとして運営し、

〈物件のメンテナンス〉〈入居者の集客〉〈入居者管理〉にいたるまで全てを自分で行う方法です。

この方法は比較的時間にゆとりのある方(脱サラ後自分で管理できる余裕がある方など)には適していると思います。

メリットとしては管理委託にかかる費用が抑えられるので、多く収入得ることができます。

デメリットとしては、集客がうまく行かなかった場合、

稼働率が低くなり、毎月の家賃収入の変動が大きくなってしまいます。

運営方法②管理委託

「管理委託」は建物所有者と管理会社との間で「サブリース契約」と呼ばれる契約を締結し、管理会社が〈物件管理〉や〈集客〉〈入居者の管理〉を行います。

契約書に基づき、管理会社がオーナーに毎月の賃料を支払うため、家賃収入としては安定していますが、入居率が高い推移で安定していた場合などは収入が減ってしまう可能性があります。

管理委託のメリットは管理の手間が省け、家賃収入が安定することがあげられますが、デメリットとしては契約書の内容によっては希望する家賃収入が得られないケースもありますので注意が必要です。

これだけは知っておこう!シェアハウスのメリット・デメリット

シェアハウス投資を始めるにあたって、知っておくべき情報をお伝えします。

不要なトラブルを回避するためにも是非読んでくださいね。

シェアハウスに投資するメリット

シェアハウスに投資すると賃貸住宅よりも利回りが増えるというメリットがあります。

また、シェアハウスの場合、複数の人が居住しているので、退去する人が数名いたとしても、家賃収入がゼロになるリスクは比較的少ないです。

シェアハウスなので、賃貸物件よりも家賃の単価を抑えることができ、入居する人数をコントロールしていけば、かなり効率よく収益が上げられます。

最後に、シェアハウスのブランディングについてですが、コンセプトが他社にないものだと、差別ができ認知度もあがりやすくなります。認知度が上がると集客力も増すので高い入居率を維持することができ、結果的に高い収益を得やすくなります。

デメリット

シェアハウスは一般的な賃貸住宅とは法律上異なるため法的な知識が必要になります。
シェアハウスは建築基準法では「住宅」ではなく、「寄宿舎」扱いになるため、

既存の住宅をシェアハウス向けにリフォームする場合は、消防法や、建築基準法の基準に合わせる必要があります。

また、新規に建築する場合は、シェアハウスのコンセプトに合う設計にすることが大事なので、シェアハウスの事業者と連携しながら、建築設計をしていくことが望まれます。

また、シェアハウスとして運営を開始した後も、管理をする手間が通常の

賃貸住宅よりも増えるので、運営コストが大きくなりやすいという点があげられます。

また、賃貸物件に比べると入居者管理の対応が多くなります。精神的に負担になることを避けたい場合は、シェアハウス運営については管理会社に任せることで、入居者管理にかかる手間を減らすことができます。

シェアハウス投資何から始める?まずはプロに相談してみよう

シェアハウス投資のメリットやデメリットなどを解説しましたが、やっぱり不安な事や疑問に思うことは、少なからずあると思います。

まずは、不動産投資のプロに、疑問や不安を相談してみましょう!

【Oh!Ya(オーヤ)】では「不動産投資の初め方がわからない」「融資が組めるのか不安・方法がわからない」「どの投資物件がいいかわからない」そんな人におすすめです!

初心者の人はもちろん、その他の投資経験がある人も参加できますよ!

費用は、無料なので、この際に自分の疑問や不安を相談してみましょう!

【まとめ】シェアハウス投資の管理手法は2つ!それぞれのリスクを判断した上で投資をしよう!

シェアハウス投資については、一般的な賃貸物件と比べると費用対効果が高く、

人気のシェアハウスを運用することができれば高い利回りを得ることができます。

一方で、複数人が同居するが故に発生する入居者間のトラブルや、集客の問題については、

オーナーが全てを管理するのは手間がかかり大変です。そのため、シェアハウス事業者と

連携し、運営を一部任せることで、効率よくシェアハウス運営を行うことができます。

シェアハウス投資のメリットとデメリットを把握した上で、人気のシェアハウスを作り上げること、シェアハウス事業者と良い関係を築くことがシェアハウス投資がうまくいくポイントです!

<執筆:Arisa 編集:Mirika>

コメント

タイトルとURLをコピーしました