【初心者でも簡単】eBayで海外発送する3つの方法と注意点

eBay
悩んでる人
悩んでる人

eBayで海外発送をするにはどうしたらいいの?発送方法もいろいろで、なんかややこしそう…初心者にもわかりやすいように教えてほしい!

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・海外発送ができるeBayとは

・eBayで海外発送するための3つの方法

・eBayで海外発送するにあたっての注意点2つ

・eBayの他のおすすめサイト

海外発送初心者にとっては、1つの荷物を送るだけでも慣れない作業があって大変ですよね。

この記事では、発送方法をステップ順に解説します。

1回海外発送の方法を覚えてしまえばスムーズに発送することができます。

Mirika
Mirika

この記事を読みながら、実際に海外発送をしてみましょう!

eBayとは

海外発送をする前にeBayとはどのようなサイトなのでしょうか?

そもそもeBayとはグローバルな通販サイト

eBayとは、国境を越えて取引ができるインターネット通販サイト

中古販売よりも新品販売が中心です。

フリマやメルカリとは異なり、Amazonのような通販サイトなんです。

eBayとは簡単にまとめると、新品や中古品をAmazonのようなサイト上で海外に輸出できるものです。

eBayを始める人が多い理由

近年、eBayで日本からの商品が特によく売れています。そのため、eBayで出品を始める人がいます。

日本のものが売れる理由は、海外で売れ筋の日本製品には「海外では入手が困難である」という特徴があるからです。

例えば、アニメ関連グッズやフィギアなどが世界的に人気の高い商品です。

その他にも、日本製品は品質が良く、安全性があって壊れにくいという評判から海外受けがいいのです。

eBayで海外発送するコツは「需要のある商品のみを扱うこと」

eBayで出品するには、需要のある商品を出品しましょう。

あたりまえのことではありますが、需要のある商品でなければ商品は売れません。

オークションサイトやフリマアプリもそうですよね。

需要があるジャンルで供給が増えないものであれば、商品は売れやすく、高く売れることになります。

Mirika
Mirika

「【海外輸出】eBayで売れる日本の製品」の記事をアップ予定です。
当ブログをブックマークして見逃さないようにしましょう!

eBayの3つの発送方法

さぁ、早速eBayで海外発送をしていきましょう。

まず発送方法を選ぼう

主な発送方法は以下の3種類です。

発送方法

1.小型包装物SAL便

メリット:海外発送で必須な書留が410円でつけられる

デメリット:到着に2~3週間かかる

2.国際eパケット

メリット:安くて到着が早い

デメリット:長さ90㎝重さ2kg以下の規定あり

3.EMS

メリット:国際発送の中でもサービスが充実、ヨーロッパまで最速2日で到着

デメリット:発送料が割高

これら以外にも発送方法がありますが、発送料金が高いことや到着が遅いことなどのデメリットがあります。

そのため、主に使われている発送方法はこの3つです。

Mirika
Mirika

次に、それぞれの発送方法を説明していきます~

1.小型包装物SAL便

SAL便は、現実的で1番安い発送方法です。

発送方法を5ステップで説明していきます。

SAL発送方法

ステップ1:発送する相手国がSAL便に対応しているかを確認

ステップ2:郵便局で税関告知書とSALと書かれたシールを貰う

ステップ3:税関通知書を記入する

ステップ4:封筒を横にして、「自分の住所と名前」「相手の名前と住所」を記載

ステップ5:封筒に「税関通知書」「切手」「SALシール」を貼って郵送

2.国際eパケット

SAL便より高くEMSより安い発送方法です。

こちらも発送方法を5ステップで説明していきます。

国際eパケット発送方法

ステップ1:発送する相手国が国際eパケットに対応しているかを確認

ステップ2:重量が2㎏長さ90cm以内であるかを確認

ステップ3:国際郵便マイページサービスにログイン(登録が済んでいない人は登録)

ステップ4:オンラインシッピングツールから送り状を作成

ステップ5:パウチ(包装する袋)に荷物を入れ、送り状と一緒に郵便局へ持って行く

3.EMS

料金は割高ですが、国際郵便の中で最も早く発送でき保証も200万円まで設定ができます。

EMS発送方法

ステップ1:発送する相手国がEMSに対応しているかを確認

ステップ2:送り状を手書きかネットで作成(ネットの場合は国際eパケットとあまり変わりません)

ステップ3:手書きの場合⇒郵便局指定のラベルをもらい必要事項を記入する

ネットの場合⇒EMSラベル印字オーダーからラベルを作成する。

ステップ4:ラベルと荷物を郵便局に持っていき発送してもらう

eBayで海外発送するにあたっての注意点2つ

eBayで海外発送するにあたっての注意点を2つにまとめました。

トラブルを避けるため、発送前に確認しましょう。

注意点1:輸送中の破損

荷物の破損には注意しましょう。

海外への輸出は、国内の配送よりも破損のリスクが高いことが否めません

もし、商品の一部が盗まれたり、なくなったりして配達された場合は、保険に加入していれば、損害賠償が可能です。

お客様の元へしっかりと商品の状態を保ちながら配送するために、送料が割高でも保険や補償などのサービスを付けて発送することをおすすめします。

注意点2: 追跡ができない国に注意

ネット上で追跡ができない国に注意です。

一部の国では日本の発送以降、追跡することができません。

例えば、オーストラリアやカナダ、イスラエル、コロンビア、ペルー、ブラジルなどが追跡ができない国の対象です。

もし、荷物が届かないと連絡が入った場合には「調査請求書」を郵便局に提出し、追跡調査をしてもらいます(調査期間は1ヶ月ほど)

eBay以外のおすすめな発送サイト

eBay以外にも、販売・在庫管理が簡単でなサイトがあるのをご存じですか?

おすすめなサイトをご紹介します。

BUYMASTER(バイマスター)

こちらのサイトは、仕入れた商品の商品番号をバーコード発行することで、販売や在庫管理が楽にできちゃいます。

これから大量な商品を取引しようとしている人には、おすすめなサイトです。

基本的には国内での利用になりますが、eBayを始める前の練習や、海外発送はeBay、国内発送はBUYMASTER(バイマスター)と分けて使いたい人にもおすすめです。

まとめ:eBayでは需要があるものを、正しい発送方法で海外輸出しよう

eBayでは需要があるものを出品しなければ、もちろん売れません。

そして、発送方法も料金の安さだけで選んでしまうと、トラブルにもなりかねません。

この2つをしっかりと理解した上で安全で安心にeBayでの取引を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました