【独学】宅建合格はどれほど難しいのか?4つの独学法を紹介

ビジネス
悩んでる人
悩んでる人

宅建資格を取りたいけど、独学で合格するにはどれほど難しいんだろう。独学でも合格できるのかを知りたい!

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・そもそも宅建士とは何か

・勉強法&必要な勉強時間

・合格者の例

・独学での合格が難しい人の特徴

これらを、実際に独学で合格した人の声も交えながら解説していきます。

この記事を読めば、独学での勉強方法。そして自分に合った勉強方法なども知ることができます

Mirika
Mirika

3分程度で読めるので、宅建資格に一発合格したい人は最後まで読んでみてください。

宅建士とは

そもそも宅建士という仕事はどのようなものなのでしょうか?

仕事内容

宅建取引士(宅建士)の主な仕事内容は

・重要事項の説明

・重要事項の説明書面への記名・押印

・契約書への記名・押印

この3つです。

これらの業務は、宅建資格をもっている人しか行うことができない業務であり、不動産業界において「なくてはならない資格」とされています。

不動産営業所は、ひとつの事業所に5人につき1人以上の割合で、専任の宅建士を設置することが義務付けられています。

そのため、不動産業界において宅建士は必要とされている職業なのです。

人気理由

宅建士の資格取得は就職や転職で有利になるほか「独立・開業で高収入も目指せる」ことも、人気理由の一つとしてあげられています。

不動産業界での経験を積んだあとに、宅建取引業を開業することができます。

開業後は、仲介手数料がそのまま収入源となります。

物件の規模や数によって得られる仲介手数料も変わるため、活動次第で高収入も望めます。

>>未経験でも転職できる不動産業界【なぜ給料が高いのか理由を解説】

将来性 

結論からいうと、宅建士は将来性がある仕事です。

AIの発展や人口減少によって、宅建士の需要が減るのではないかと、不安になる人もいます。

しかし、宅建士の仕事は、宅建業法という法律で宅建士だけが仕事にできる独占業務と定められています。

そのため、AIができる仕事ではないのです。

そして、宅建士は金融、保険業界からの需要も高いのです。

例えば、リバースモーゲージです。

これは、高齢者が住居する住宅や土地などの不動産を担保に銀行から融資を受け取り、住居者の死亡時に不動産を売却することで返済する仕組みです。

これは銀行などが取り扱うものですが、不動産への担保の設定や売買を行うもののため、宅建士としての知識が必要になります。

そのため、AIの発達や人口減少が進んでも、宅建士の需要はこの先も高いと考えられます。

宅建を独学で合格することは難しい?

実は、宅建資格は他の国家試験よりも受かりやすいといわれています。

合格率は15%ほどですが、合格に必要な学習時間は他の国家資格と比べて多くありません。

独学で合格した人の例

宅建士に独学で合格した人の例をご紹介します。

必死に本気で勉強したら、自分にもできるかも。そう思えるようなツイートばかりです。

4点を使った独学法&必要な勉強時間

宅建資格の独学方法には「参考書」「Youtube」「過去問」があります。

その中でも過去問はとても重要だと言われています。

なぜなら宅建試験は過去に出題された内容と同趣旨での繰り返し出題が多いからです。

分らなかったところや、詳しく知りたいところを「参考書」や「Youtube」で補いながら、「過去問」を何度も何度も解いていきましょう。

そうすることによって、頻出される問題はどのようなものがあるか自分が間違えやすい部分はどこかひっかけ問題はどのようなものが出題されているのか。などパターンが見えてきます

そして、本試験前のリハーサルとして模試も受けておくことをおすすめします。

なぜなら本試験に出題されそうな予想問題が出題されるためです。

「過去問」「参考書」「Youtube」「模試」この4点を最大に有効活用して、宅建合格を目指していきましょう。

Mirika
Mirika

宅建合格に必要な勉強時間目安は約250~300時間が必要だと言われています。計画的に勉強していきましょう。

 

Youtubeと過去問で宅建合格を達成した人の例

独学・通学・通信のコスト比較

「独学」「通学」「通信」のコスト相場を比較しました。

独学:宅建の受験料が7,000円、テキストと問題集を購入しても1万円くらいあれば勉強することができます。

通学:生講義を聴けること、わからないことを直接講師に質問できるなどのメリットが多く見込めるため、約10万円と高めの価格です。

通信:安い教材で約2万円(合格率が高いものだと約6万円)です。

Mirika
Mirika

一発で合格したい!でも…どの勉強法を選べばいいのかわからない!そんな人のために、適した勉強法を次の項目で説明していきます。

【自分に適してる?】独学での合格が難しい人の特徴

独学ではなかなか合格できない人もいるんです。

年にたった1回の宅建士試験、何回も合格できなければモチベーションも下がりますよね。

一発合格ができるよう、適した勉強方法を選んでいきましょう!

「適切な情報を選べない」人は独学に向かない

独学は「Youtube」や「参考書」を使用して勉強します。

宅建資格のためのYoutubeや参考書などは多数存在します。

そのため、見ている情報が古い情報ではないかそして正確な情報なのかを全て自分で判断する必要があるのです。

自分達には先生がいませんから、指摘してくれる人はいません。

そのため、調べることに時間がとられる&不確かな情報を入手してしまうことにより、不合格が続き何年も勉強を続ける。なんていうケースもあるのです。

いいとこどりをした勉強方法は通信講座

「独学はだらけてしまいそう」「確かな指導が欲しい」だけど「コストはできるだけ抑えたい」

そんな人には通信講座がおすすめです。

学習プラン、カリキュラムを組んでいるものがほとんどで、自己管理が苦手な人でも続けやすいのです。

しかも、プロからの的確な指導も受けることもできます。

そして、通学講座よりも安い。

そのため、独学だけでは不安な方や的確なアドバイスで効率よく一発合格を目指したい人には、通信講座がおすすめです。

中でもおすすめの通信講座は、アガルートアカデミーの宅建資格講座です。

合格率は43.3%と高く、全国平均の2.6倍近くです。

最短で合格したい人向けのスピード合格プログラムもあり、2022年の試験に合格すると、全額返金やお祝い金のサービスも!

まとめ:宅建を独学で合格するには?

宅建を独学で合格するには、情報の取捨選択が重要だということがわかりました。

独学なので、だらけてしまわないように自己管理を徹底すること。そして、必要な勉強時間も十分にとって勉強し、一発合格を目指していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました