【資格不要】一軒家をシェアハウスにしたいけど何から始める?

シェアハウス
悩んでる人
悩んでる人

実家の一軒家をシェアハウスとして活用したい。資格や経験がなくてもシェアハウスを運営できる?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・一軒家をシェアハウスにするメリット・デメリット

・一軒家をシェアハウスにする方法

・一軒家をシェアハウスにする初めの一歩

実際に起業家シェアハウスのスタッフとしても活動している私が、一軒家をシェアハウスにする方法やメリット、デメリットなども解説していきます。

この記事を読めば、一軒家をシェアハウスとして活用するための流れや、初めの動き方を知ることができますよ。

Mirika
Mirika

3分程度で読めるので、一軒家をシェアハウスとして活用したい方は、最後まで読んでみてください。

一軒家をシェアハウスにするメリット・デメリット

一軒家をシェアハウスにする前にメリットやデメリットを知っておきましょう。

メリット①:古い建物でもコンセプト次第で活用可能

シェアハウスは、コンセプトを持たせることができて、ニッチなニーズにも対応が可能です。

例えば、自然に囲まれた古民家シェアハウスです。

「田舎への移住を体験してみたい。のどかな暮らしを経験してみたい。」

などといったニーズに合えば、多少家賃が高くても入居者を確保できます。

通常の物件では手に入らないメリットを提供できることから、事前のニーズ調査とアイデア次第で、古い建物でも活用が可能なのです。

メリット②:賃貸経営が慣れてない人におすすめ

シェアハウス経営は、賃貸経営に慣れていない人にもおすすめの賃貸経営手法ともいわれています。

なぜなら、空室リスクが低いからです。

一戸建てを賃貸物件として経営する場合は、1組の入居者が確保できるかどうかによって、家賃収入を得られるかが決まります。

しかし、シェアハウス経営は、部屋ごとに賃貸付けができるので、1室確保できるだけで、収入を得られます。

このように、一戸建てを賃貸にすると1組が入るかどうかで収入が0になるかが決まる一般賃貸よりは、シェアハウス経営の方がリスクが低いのです。

そのため、賃貸経営に慣れていない人におすすめの手法といわれているのです。

メリット③:通常の賃貸物件よりも高い収益が見込める

シェアハウスは、一般的な賃貸物件よりも利益を大きくしやすいです。

なぜなら、シェアハウスは水回りが各階の住民で共用するため、残ったスペースをすべて個室にできるからです。

そのため、賃貸付けできる部屋数が一般賃帯と比べて多いのです。

例えば…

50坪程度で2階建ての場合

■アパート→賃貸できる部屋数は、1階2室、2階2室で合計4室 

仮に7万円で賃貸付けをしたとしたら…

4室×7万円=最大28万円

■シェアハウス→水回りが共用なので、部屋数を多く作ることができる。1階4室、2階4室で合計8室作るとしたら…

8室×5万円=最大40万円

一般賃貸とシェアハウスでは12万円もの差がでることがわかります。

そのため、一般賃帯よりもシェアハウス経営を選んだ方が利益を狙いやすいのです。

デメリット①:入居者同士のトラブルがある

シェアハウスでは入居者同士のトラブルが起きやすいことがデメリットです。

なぜなら、住居人同士のルール管理や文化の違いなどがあるからです。

例えば、部屋間同士の騒音問題や、異性間のトラブル、キッチンなどの使用方法の違いなどが問題にあります。

そのため、経営前にシェアハウスに適した物件を作ることや安心、安全に対する意識を持つことが大切です。

デメリット②:管理費が高い

シェアハウスの管理を管理会社に任せた場合、一般賃帯と比べて管理費が比較的高めです。

なぜなら、シェアハウスの管理スタッフは、通常の管理業務に加えて、お金や人間関係の調整など管理の手間がかかるからです。

そのため、シェアハウスの管理費は高いと言われているのです。

シェアハウス運営の流れ

シェアハウスはどのように運営されているのでしょう?

運営の流れをみていきましょう!

ステップ①:運営形態を決定する

シェアハウスの運営形態は以下の3つがあります。

①オーナーは自分、運営も自分

②オーナーは自分、運営は管理会社に任せる

③オーナーは別人、運営が自分

すべての運営形態に資格や経験は不要です。

しかし、シェアハウス運営が初めての人や運営に不安がある人は、運営は管理会社に任せている人が多いです。

ステップ②:コンセプト&ターゲットを決める

次に、運営するシェアハウスのコンセプトターゲット層を決定します。

シェアハウスに住む人は、友達を増やしたい人や交流を求めている人が多いです。

そのため、共同生活にプラスで価値をつけることで空室が埋まりやすくなるというメリットがあります。

さらに、コンセプトやターゲット層がしっかりとしているとハウスメンバー同士が仲良くなりやすいです。

同じ目的や趣味の人が集まることによって、トラブル防止にもつながります。

Mirika
Mirika

コンセプト&ターゲット層がしっかりとしているシェアハウスの例を挙げると、フリーランス向けのシェアハウス「ノマド屋」や国際交流シェアハウスの「ボーダレスハウス」などがあります。

ステップ③:家具や家電を用意する

シェアハウスの共用部や個室に、家具や家電を用意しましょう。

用意する物の例

・テーブル
・食器棚
・ソファ
・冷蔵庫
・電子レンジ
・テレビ
・椅子
・洗濯機
・調理器具
など

その他、コンセプトによって必要な家具や家電を購入しましょう。

購入し、設置できたらシェアハウスは完成です!

ステップ④:シェアハウスの情報をインターネットに掲載する

シェアハウスの住人を募集するのにインターネットを活用しましょう。

有名なシェアハウスの検索サイトは、ひつじ不動産シェアーズです。

Mirika
Mirika

私自身も、入居するシェアハウスは、検索サイトで色々なハウスを比較して決定しています。

家を持っていない人は、どんな物件を買うべきか?

これから物件購入を検討している人は、どのような物件を選べば良いのでしょうか??

おすすめの物件例

シェアハウスにおすすめの物件をご紹介します。

・大家族が住めるような一軒家
・広めの個室(カギ付き)
・共用部にできるような広いリビング&キッチン
・ドミトリーを作る場合は、8畳以上の広い個室

上記のような間取りの物件が、シェアハウスに適しています。

入居者は何人確保したいかによって部屋数やリビングの広さは変わります。しっかりと考えて購入しましょう。

一軒家を持っている人が、まず初めにやるべきこと

一軒家を持っている人は、シェアハウスに適した物件にするために、リフォーム会社に相談しましょう

部屋を広くしたり、部屋数を増やせるかもしれません。

シェアハウスを運営する前にリフォームをすることによって、より人気の出るシェアハウスを作りあげることができる可能性もあります。

リフォームの相場や、部屋数を増やすことができるかの確認をお願いしてみましょう!

こちらのサイトは、類型利用者30万人を超える国内実績多数のリフォーム比較サイトです。

リフォーム会社は比較して自身の条件に適したところを選びましょう!

まとめ:資格や経験がなくてもできるシェアハウス運営!○○から始めよう!

資格や経験がなくてもシェアハウス運営はできることを知ることができました。

一軒家を活用するのに、初めの第一歩としてするべきことは、リフォーム会社へ相談することです。

シェアハウスに適した物件を作り上げ、入居者が住みやすい素敵なシェアハウスを作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました