シェアハウスのキッチン使用時間はかぶるのか【3軒入居した結果】

シェアハウス
悩んでる人
悩んでる人

シェアハウス入居を検討しているけど、キッチンの利用って結構かぶるのかなぁ?料理が大好きだから快適に料理をしたい!実際のところどうなんだろう?

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

・シェアハウスのキッチンはどんな感じ?

・シェアハウスのキッチン利用時間はかぶる?

・かぶる時間を気にせずに料理がしたい時は??

 

Mirika(@mylifeasmirika

この記事を書いている私は、小型から大型まで全部で3軒のシェアハウスに住んできました。これらの物件を比較しながら実際にキッチンの使用状況がどうなのかを説明していきます。

 

Mirika
Mirika

キッチンについては、特に料理好きな人は気になることのうちの1つだと思います。ちなみに私は毎日必ず料理をする料理大好き人間です。

 

シェアハウスに住む前に実際のキッチン事情について知っておきましょう!

シェアハウスのキッチンとは?

まず、シェアハウスのキッチンとはどのようなものなのでしょうか?

シェアハウスのキッチンは共用部

シェアハウスのキッチンは基本的には共用です。

シェアハウスの間取りは、個室共用の水回りリビングがあるのが一般的です。

間取りは、実家のような一軒家をイメージすれば分かりやすいです。自分の部屋があって、そして家族共用で使用する水回りやリビングがある感じですね。

そのような作りになっているものが一般的なシェアハウスなので、キッチンはハウスメイトと一緒に使用する物件が多いです。

シェアハウスのキッチンには何があるのか

シェアハウスのキッチンには料理ができる基本的な用具は全てそろっています。

一般的な1人暮らしとは違い家具やキッチン用品などを購入しなくても簡単に入居できることが、シェアハウスの魅力の1つです。

例えば、鍋やフライパン、お皿や箸などが一式揃っています。物件によってはフードプロセッサーやたこ焼き機なんかがあるところもあります。

キャリーケース1つで入居でき最小限の荷物で引っ越しができることを売りにしているシェアハウスも多いので一般的には普通に料理ができるくらいのキッチン用具はそろっていると思って大丈夫です。

シェアハウスのキッチンで料理ができるのか

シェアハウスで料理はもちろんできます。

キッチン用具もそろっていますし、食材に火を通すためのIHかコンロもあります。そして複数人と住むので通常より広めのキッチンがある場合もあります。

大型のシェアハウスであれば、家庭科室の調理台のようなキッチンがある物件が多いです。

調理台やキッチン用具は充実していますが、調味料や米、食材は各自で購入する場合が多いです。

そのため、食材や調味料などをそろえれば、入居当日でもすぐに料理ができます。

シェアハウスのキッチン利用時間はかぶるのか

シェアハウスの利用時間は実際かぶるのでしょうか?

実際に住んでみた例も交えながら説明していきます。

時間帯はあまりかぶらない

シェアハウスのキッチンを使用する時間帯は、あまりかぶることはありません。

というのも、みんなの生活リズムが違うからです。

夜勤をしている人は、朝方にキッチンを使うことが多く、昼間に働いている人は夕方にキッチンを使うことが多いです。

Mirika
Mirika

比較的夕方にキッチンを使うことが多い印象ですが、料理ができない程キッチンが埋まっていることはあまり経験したことはありません。

料理をするのも30分程度なので、かぶったとしても、あまり待ち時間もありません。さらに生活リズムも違うため、キッチンが取り合いになることは、めったにありません。

小型&大型シェアハウスの比較 【入居してみて】

小型シェアハウスと大型シェアハウス、どちらも混雑することなく快適にキッチンを利用することができていました。

というのも、シェアハウスの入居できる人数によってキッチンの備え付けられている家電などが考慮されているからです。

7人程度の小型シェアハウス⇒IHとシンク各2つずつ

25人以上の大型のシェアハウス⇒IHとシンク各4つずつ

このように人数に合わせて設定されているので、大型でも小型どちらともそんなにキッチンの利用がかぶることを気にしたことはありませんでした。

Mirika
Mirika

その他、電子レンジや炊飯器なども人数に合わせてちゃんと用意してあるところが多いです。
大型シェアハウスでは業務用のしっかりとした冷蔵庫が3つ置いてあり入居当初に驚いたことを覚えています。

キッチンでのトラブル例

今までシェハウスに住んできて、「冷蔵庫のスペースが狭い、中身が汚い」「自分好みの調理器具がない」「キッチンが汚い」などのトラブルがありました。

シェアハウスは複数人が居住しているので、自分の食料を保管するための収納スペースがなかったり、他人のキッチンの使用状況が気になる場合もあります。

また、問題なく料理ができるくらいの調理器具はありますが、包丁やフライパンなどにこだわりがある人は自分好みのものが無い可能性もあります。

Mirika
Mirika

キッチン商品で人気なのはBRUNOが人気です。福袋の再販待ちをしている人が多い程、人気なブランドで、私の住んでいるシェアハウスでは、このブランドのものをセットで統一している人もいました。

毎日料理をする人であれば、キッチンの使い勝手や他の住人の使用状況が気になるものです。

シェアハウスの物件を内覧する際は、これらを確認しましょう。

 

他にも、シェアハウスのトラブルはどんなものがあるのかを知りたい方はこの記事をご覧下さい。

>>シェアハウスは気持ち悪い?入居すると後悔する?

シェアハウスのキッチンかぶることを気にせず快適に料理がしたい場合

キッチンを快適に利用するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?解決策をご紹介致します。

時間帯をずらす

他のハウスメイトとキッチンの利用時間がかぶりたくない場合は、使用する時間帯をずらしましょう。

ハウスメイトが料理をしにキッチンに行く時間帯を把握し、みんなの利用が終わった後、もしくは始まる前に行くことによって、人が少ない時間帯で料理をすることができます。

例えば、日中に働いている人が多いシェアハウスだと、大体夜の18時ごろから19時ごろに帰ってきて、それから料理をして夕飯を食べる人が多いです。その時間を避け、自分はみんなが食べ終わるくらいの22時くらいにのんびりと料理をしにいく。

このように周りの人たちの生活リズムを把握し、時間帯を工夫することによって1人でのんびりとキッチンを使用することができるのです。

Mirika
Mirika

人間誰でも1人でのんびりと過ごしたい時はありますよね、そんなときは無理せずに1人の時間を作るための工夫をしましょう。しかし、シェアハウスの良いところの1つは、みんなと一緒にご飯を食べる時間を過ごせることです!おしゃべりしながら楽しい時間もすごせたらいいですね♪

キッチンに力をいれてるシェアハウスに住む

クロスハウスの物件は東京で好立地、リーズナブルな価格で住むことができる上、格安で住むことができるシェアハウスです。

キッチンなどの共用部には力を入れているシェアハウスで、料理好きにおすすめな物件です。

フローリングでとっても綺麗、そしてキッチンも広々で、レシピを広げて作り方を調べながら料理ができそうです♪

 

クロスハウスは移動費無料で引っ越しができるので、気分転換に違うシェアハウスに住んでみたい、仕事の転勤で移動になった、なんてことがあっても安心です。

Mirika
Mirika

移動費がかからないって本当にすごい。キッチンの使いやすさを求めて色々なところに住んでみるのもありかもしれません。笑

 

こちらの物件は東急田園都市線で渋谷まで20分、デザイナーズマンションのシェアハウスです。

物件内にはアイランドキッチンや、カフェスペースがあります。こんな物件が24800円から住めちゃいます。

アパートメントのように住めるシェアドアパートメントに住む

先ほどご紹介したクロスハウスさんには、XROSS-SAシリーズというシェアドアパートメントの物件もあります。

こちらの物件は、水回りは共用になりますが、個室にテレビや冷蔵庫、机、イスなどの家具家電がそろっていています。

自分で用意するものは食器や箸のみです。これらは、Amazonやダイソーで簡単に手に入れることができるので負担が少ないです。

キッチンでささっとご飯を手作りして、部屋内でゆっくり食事を楽しむことができる環境です。個室には冷蔵庫があるので、料理を作り置きしていつでも部屋で食べることができるように工夫もできます。

シェアドアパートメントは「新宿エリア」「渋谷エリア」「練馬エリア」「足立エリア」に数多くの物件があるので、自分に適した物件をスタッフに探してもらいます。

物件の探し方は、①自分が希望する予算や立地を伝える→②数多くある中から適した物件を探してもらう→③内覧→④入居の順番です。

まとめ:まずは自分に合った物件選びをしよう

料理ができなくなる程キッチンが混み合うということは、あまりありませんが、毎日1人で料理をして食事をするということは難しいです。

料理をする方であれば、キッチンは特に重視しなければいけない部分だと思いますので、実際に内覧に行き目で見て確認してから、自分が気に入った物件に住み、共同生活を盛大に楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました