シェアハウスよりもいい?今話題のソーシャルアパートメントとは?

シェアハウス

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違いがよくわからず、どちらに住めば良いか悩んでいませんか?

実はどちらも似ていますが、目的や賃料が違います。

シェアハウスの主な目的は賃料の節約が多く、ソーシャルアパートメントは交流を目的としていて賃料は高めだという違いがあります。

シェアハウスの相場を調べると5~6万円程、ソーシャルアパートメントは6~13万円程かかるといわれています。

この記事ではシェアハウスとソーシャルアパートメントの違いをまとめます。

どちらに住めばいいのか悩んでいる方はこの記事で違いをよく確かめた上でどちらに住むのかを判断していただければと思います。

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違い4選

ソーシャルアパートメントとシェアハウスのどちらを選べばいいのか分からない場合、まずは二つの違いをみてみましょう。

目的

ソーシャルアパートメントとシェアハウスはコンセプトや目的が違います。

ソーシャルアパートメントは交流を目的とした物件であり、1人暮らしの空間に加えて交流するためのラウンジや共用スペースがあります。交流スペースに力を入れている物件が多いので、シアタールームやビリヤードなどができる場所を設けているところもあります。水回りなど生活できる設備が備わっている個室の空間があるので、適度に交流をすることができるのが魅力です。

一方、シェアハウスは賃料の節約を目的として入居する人が多いです。1つの物件に複数人が居住するシェアハウスはソーシャルアパートメントや一人暮らしよりもかなり安い費用で物件に住むことができます。キッチンなどの水回りの設備などが共用のため、住人と関わる時間も多く、ハウスメイトとは家族のように暮らすことができます。

どちらも住人との交流ができますが自分1人だけの空間が欲しい方で共有スペースの充実や豪華さにこだわる方であればソーシャルアパートメントをおすすめ致します。

また、住人と密に関わり交流することができ格安で居住することができるシェアハウスは、賃料の安さにこだわる方にはおすすめです。

賃料

東京都内のソーシャルアパートメントとシェアハウスの家賃相場や初期費用を比較してみました。

コンセプトや設備が充実しているかによって料金は大きく異なりますが都内であればシェアハウスの家賃は平均5~8万円ソーシャルアパートメントであれば平均5~13万円といわれています。

初期費用も家賃と同じくソーシャルアパートメントの方が高いです。

シェアハウスの初期費用は平均10万〜15万円ソーシャルアパートメントの初期費用は平均20万〜50万円といわれています。

ソーシャルアパートメントの費用は全体的にみて、ほぼほぼ1人暮らしの賃料と変わりはありません。

1人暮らしの環境で、さらに交流するためのスペースがついていると考えればソーシャルアパートメントはとても良い物件だと思います。

ただし、まれに共用スペースが充実していることから家賃が一般の一人暮らしの場合より高いこともあります。

間取り

色々な間取りが揃っていることもソーシャルアパートメントの特徴です。水回りが共用の部屋から個室に備わっている部屋まで、沢山の間取りがある中から選ぶことができます

一方シェアハウスの間取りはキッチンなどの水回りは基本共用です。

部屋の種類は、個室、広い部屋を複数人で共用しプライベートスペースはカーテンやパーテーションで分けるセミプライベート、カーテンや仕切がなく、1つの部屋を複数人で暮らすドミトリーがあります。

自分にあったスタイルの間取りを選びましょう。

共有スペースの掃除をする必要がない

シェアハウスに比べ、ソーシャルアパートメントは共用スペースを掃除してくれる業者がいます。

その為共用スペースを入居者が掃除をすることはありません。

業者による清掃があるため、清潔感がある物件に住み続けることができます。

また、掃除を自分達でしなければいけないシェアハウスと比べて住居人同士のトラブルも少ないことが考えられます。

ただ、掃除を自分達で行うシェアハウスは、家のことをほぼほぼ自分達で行うので、コミュニケーションをよく取り合います。

そのため、1つの家に皆で暮らしている実感が湧き、第二の家族のような関係を築くことができます。

まとめ

今回はシェアハウスとソーシャルアパートメントの違いをまとめました。

完全プライベートの空間が欲しいけど交流もしたい。という方はソーシャルアパートメントの利用をおすすめします。

また、定期清掃があるかないかや賃料なども踏まえて自分に合った物件を選んでみて下さい。

シェアハウスソーシャルアパートメントどちらでも入居者同士交流ができるため、人脈を増やしたい、周りの人と積極的に関わりたい。と考えている方は、ぜひ共同生活を初めてみてください。

世界観が広がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました