シェアハウス経営を成功させるには?初期費用は?運営スタッフが計算してみた

シェアハウス
悩んでる人
悩んでる人

シェアハウスの経営を考えているけれど、初期費用っていくらかかるんだろう?そもそもシェアハウス経営って儲かるのかな??

 

こんな疑問を解消します。

 

本記事の内容

・シェアハウス経営が儲かるといわれている3つの理由

・シェアハウス経営の初期費用を計算してみた

・シェアハウス経営をするにあたっての注意点

Mirika
Mirika

これらを起業家シェアハウス運営スタッフの私が計算してみました。

 

私がスタッフとして携わるシェアハウスの詳細はこちら

>>【本気で独立したい方限定】シェアハウス「なちゅれ屋Station」の物件・コンセプトをご紹介

 

この記事を読むことで、シェアハウス運営をするにあたってどれくらいの初期費用がかかるのか、利益を得ることができるのかを知ることができます。

Mirika
Mirika

この記事は3分程度で読み終えることができるので、シェアハウス運営に興味がある人は最後までご覧ください。

シェアハウス経営とは?

そもそもシェアハウス経営とはどのようなものでしょう?

シェアハウスの経営形態や種類などを知らなければ、経営に乗り出す際につまずいてしまします。

まずは基礎的な知識をつけましょう。

シェアハウス経営とは他人同士が生活する物件を運営すること

シェアハウス経営とは、他人同士が一緒に住む物件を運営することです。

各部屋ごとに個人が契約し、キッチンやリビングなどは他人同士で共有してもらう物件のことシェアハウスといいます。

例えば、ゲストハウス(短期宿泊型施設)のような形態の物件を長期間で宿泊できる施設として運営するようなイメージです。

ゲストハウスのように、他人と交流しながら滞在できる物件を経営をすることをシェアハウス経営といいます。

ここで、似たようなものに「ルームシェア」という形態がありますが、ルームシェアとは他人ではなく友達と知人と複数人で住むハウスのことです。

>>シェアハウスとルームシェアの違いとは?

シェアハウス経営が儲かるといわれている理由3つ

シェアハウス経営が儲かるといわれている理由は3つを具体的に説明していきます。

 

収益最大化を狙いやすい

シェアハウスは、一般的に1人あたりの賃料が安くなりますが、戸建てやアパートよりも多くの人数に貸し出しができるので全体の収入が高くなります。

 

工事費用を抑えることができる

水回り設備は共用スペースであることがほとんどなので、通常のアパートよりも工事の負担を減らすことができます。

 

空室リスクが低い

シェアハウスは一般賃貸よりも敷金・礼金・家賃が抑えられ、家具家電も購入の必要がないという特徴があります。とてもコスパがいいことから空室がでにくいというメリットがあります。

 

Mirika
Mirika

私もシェアハウスに住んでいる1人ですが、本当にシェアハウスってコスパ最強で利益はでるの?って思ってましたが工事費用や部屋ごとの収益を考えるとWin-Winであることに気づきました。

シェアハウス経営のコツはコンセプトを作ること

シェアハウスを経営するにあたって大切なのがコンセプトを明確にすることです。

なぜなら、明確なコンセプトがあると、生活空間の提供以外にも付加価値をつけることができ、入居者を獲得しやすいからです。

コンセプトの例は、「音楽」「出会い」「フリーランスコミュニティ」などがあります。

安さや立地だけを売りにしているところもありますが、こういうコンセプトもあればシェアハウスに住みたい理由が増えますね。

最近、テレワークなどの在宅でできるような仕事の増加で、ワークスペースのあるシェアハウスの需要が伸びてきているようです。

Mirika
Mirika

私もシェアハウス入居の決め手が「国際交流」のコンセプトです。このコンセプトだけに惹かれ、持っていた家具家電を処分して荷物を減らしシェアハウスに入居したのを覚えています。コンセプトってすごい。

シェアハウス経営をするための費用

実際シェアハウスを経営するのにどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

初期費用や利益を計算してみました。

初期費用はどれくらい?

シェアハウス経営の初期費用は平均で250万~500万円ほどといわれています。内訳は以下です。

・物件の購入費用+諸費用(物件代金の1割~1.5割)

 ⇒相場:各物件によって様々、中古格安物件は100万円程度+諸費用

 

・共有スペースの家具家電

 ⇒相場:15万~30万

 

・個室の設備(テーブルや机など)

 ⇒相場:10万~20万

 

・リノベーション費用

 ⇒相場:200万~600万

中古格安物件を購入しリノベーションした場合の例

100万円(物件)+10万円(諸費用)30万円(家具家電と個室の設備)+350万円(リノベ)=490万円

このような計算になります。

物件や家具のこだわりによって価格は変わりますが、シェアハウスの初期費用は安くても250万円からといわれています。

利益を得ることができるのか

シェアハウスは利回りが良いです。

 

こちらのは、4DKで300万円ほどの中古戸建物件です。

引用:SUUM

この物件を例にすると、物件代金が(約)300万円でリフォーム代等が400万円だった場合、満室経営の場合3年7カ月で初期費用が回収できてしまいます。

 

具体的な費用計算

1部屋の家賃が月4万円の場合

4部屋×4万円=満室で16万円

 

16万円×12ヶ月(1年)=192万円

192万円÷(300万円+400万円)×100=27.42%

100÷27.42=3.64【3年と7ヶ月で初期費用が回収できる】

 

ただし、初期費用だけではなく維持費もかかることも覚えておきましょう。

管理委託費:管理会社へ管理を委託する場合に支払う委託費。目安は家賃収入×20%

修繕費:各設備の突発的な修繕、定期的な交換のための費用など。

水道光熱費、通信費:電気、ガス、水道料金、Wi-Fiなど。

固定資産税・都市計画税:不動産の所有者に毎年かかる地方税。目安:固定資産税=固定資産税評価額×標準税率1.4%   都市計画税=固定資産税評価額×標準税率0.3%

所得税・住民税:家賃収入から必要経費を控除した所得(不動産所得)に対してかかる税金。

その他:家具、家電の買い替えにかかる費用。

これらが維持費用としてかかりますが、通常の賃貸での物件で10万円程度で貸し出すより、部屋ごとに契約してもらうシェアハウスの収益の方が高いことが分かります。

シェアハウス経営の成功例

今回は、めざましテレビや新聞など様々なメディアに取りあげられるほど人気で実績があるコンセプト特化型のシェアハウス「株式会社彩ファクトリー」を経営している内野さんのシェアハウス成功例をご紹介致します。

内野さんが経営するシェアハウスは17棟合計400室の稼働率が97%をキープしているという大変人気なシェアハウスです。

内野さんが経営しているシェアハウスは、「200人の起業家が卒業した実績のある起業家シェアハウス」や「英会話レッスン付きのシェアハウス」「東大合格シェアハウス」なんて面白いコンセプトのシェアハウスもあります。

最初は、住む人もコミュニティのメンバーも決まらず、なかなか苦しい状態でシェアハウスを経営していたようです。

しかし、今では数々のメディアに取りあげられる程とても人気で実績のあるシェアハウスに変化したのです。

 

内野さんは成功の要因をこのように語っています。

手がけるシェアハウスの基準は、「あってもなくてもいい、楽しい楽しくない」ではなく、「どれだけその人の人生が変わるか」を軸に判断しています。起業も英会話もシングルマザーも東大も、人生が変わるなら住んでみよう、と思っていただけたのが成功の要因かと思います。

 

ただ住むだけのシェアハウスではなくコンセプトに特化したシェアハウスを運営することによって話題になり、住人の数と実績が増えて話題で人気がある大きなシェアハウスになったのです。

現在は、国内で17棟もの物件がある彩シェアハウスですが、今後は、アジアやヨーロッパにもシェアハウスを広げていく予定だそう。

Mirika
Mirika

こちらのハウスはシェアハウスオタクの私が、めちゃめちゃ注目していた物件でもあります。自分の価値を高めることができそうなコンセプトの物件が沢山あります。

シェアハウス経営の注意点3つ

シェアハウスを経営するのにあたりいくつか注意点があります。

怠ってしまうと法に触れてしまうのもありますので、確認しておきましょう。

注意点1:合法的に経営する

シェアハウスは、建築基準法において寄宿舎に該当します。

一般的なアパートやマンションと違い、建築基準法上と消防法の基準が異ため、届け出をしなければなりません。

届け出を怠ると、非合法のシェアハウスと認識され、行政指導が入ることもあります。

シェアハウスは合法的に運用しましょう。

注意点2:質の悪い入居者に注意する

質の悪い入居者が入ると、大量退去に繋がる可能性があります。

アパートやマンションとは違いシェアハウスは、共同生活を送る物件なので、1人の迷惑な入居者が入ってきた場合、他の人からのクレームやトラブルが絶えません。

Mirika
Mirika

私が以前住んでいたシェアハウスでは、1人の入居者の悪口や嫌がらせが問題になり、一気に住人が他のシェアハウスに移り住んでいったこともありました。

このような大量退去を避けるためにも、ハウス内のルールの作成や入居審査を行うことをおすすめします。

 

シェアハウスのトラブルや口コミなどをまとめた記事はこちらをご覧ください。

>>シェアハウスは気持ち悪い?入居すると後悔する?

注意点3:専門家と相談しながら物件を購入する

シェアハウスを経営するのなら物件購入の前に相談をすることをおすすめします。

シェアハウス経営には立地、間取り、設備、契約内容や条件など確認しなければいけないことが沢山あります。

シェアハウス経営する前に専門家と相談し、不動産の知識をつけていきましょう。

【GDR株式会社】初期面談では、これからシェアハウス経営を考えていて、物件を購入しようとしてる人に、不動産投資の基本やデメリット・メリットなどを丁寧にわかりやすく教えて頂けます。

◆初期面談で学べること◆

・高品質なマンションを低価格で購入することができ、実際に運用する方法

・失敗事例やリスク

・不動産投資でリスク分散する方法

・中長期保有でのキャピタルゲインの出し方 ・2件、3件、4件と複数件所有の運用方法

・資産1億円の作り方

 

予備知識がない人にも一から丁寧に不動産投資について教えて下さるので、初心者でも安心して説明を受けることができます。

まとめ:シェアハウス経営の初期費用は利回りを考えるとそんなに高くない

初期費用が安いかどうかは考え方は人それぞれですが、利回りの良さを考えると初期費用はそんなに高くはないといえます。

しかも、コンセプトを考えたり人との関わりがあるシェアハウス経営は、やりがいも得ることができるので、楽しめる人は、大いに楽しめる事業だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました