フリーランスエンジニア後悔しないためにするべきこと【未経験でもなれる?】

ビジネス
悩んでいる人
悩んでいる人

収入を大きく伸ばすことができ、時間や場所にとらわれずに働くことができるフリーランスエンジニアとして生計を立てたい!だけど、失敗や後悔をしたくない。

こんなお悩みを解決していきます。

本記事の内容

・そもそもフリーランスエンジニアとは

・フリーランスエンジニアになって後悔した例

・後悔しないために何をしたら良いのか

今回は、実際に現在フリーランスエンジニアとして活躍している人が感じた後悔、そして独立後に後悔をしないために、フリーランスエンジニアを目指す前にするべきことを紹介していきます。

Mirika
Mirika

本記事の最後には経験者の場合だけではなく、「未経験からでもなるべくお金をかけずにフリーランスエンジニアになりたい」という方向けに最適な方法もご紹介していますのでスキルに自信が無い方でも役立つ方法をご紹介しております、もし興味があれば最後までご覧下さい。

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとはそもそも何なのか、会社員からの独立を目指す前に理解しておきましょう。

フリーランスエンジニアとは会社に所属しない働き方のこと

フリーランスエンジニアとは、会社などの組織に所属せず、自分1人の力で仕事を獲得し、報酬を貰うエンジニアのことです。

そのため、自分の実力や行動次第で報酬は異なり、収入は400万円以下の人もいれば、600万円以上を安定して確保している人がいます。

例えば、JavaScriptエンジニアの報酬相場は55万円から80万円となっていますがフリーランスとして活躍している人の年収は660万円から960万円と、会社員としてエンジニアをするよりも、報酬は高めです。

その他にも、会社から独立して成功し、フリーランスエンジニアとして活動したところ年収が倍近くアップした、という話も聞きます。

会社に所属せずに自分の希望する案件を選ぶことができ、頑張り次第で収入をアップすることができるフリーランスエンジニアは非常に魅力的な仕事だといえます。

フリーランスエンジニアを目指す人が多い理由

フリーランスエンジニアを目指す人が多い理由に自由な時間、場所で働くことができる、という点があります。

なぜなら、会社に属していると自分の好きな日に有給を取る事ができなかったり、毎日朝から晩まで会社に行く時間と場所に拘束される、という理由から自分のペースで好きな場所仕事ができるフリーランスという仕事が大変人気なのです。

例えば、フリーランスエンジニアになることで、自分が稼ぎたい日があれば沢山働き、まとまった休みを取りたい日があれば休むことができます。

そのため、フリーランスエンジニアは、会社という組織から独立することで自由な働き方ができることから、多くの人気を集めています。

フリーランスエンジニアになる人の経歴の例

1年から3年の実務経験を経てフリーランスエンジニアになる人や副業で実績を積んでからフリーランスエンジニアになる人が多いです。

なぜなら独立するのにタイミングが良いからです。

例えば、フリーランスエンジニアとして早めの成功を目指すために、実務経験が1から3年のタイミングで独立する人や副業で人脈や案件を確保し、独立する人がいます。

このように、ある程度スキルがついたときや安定して案件が確保できたタイミングでフリーランスエンジニアになる人が多いのです。

フリーランスエンジニア後悔しないために

フリーランスエンジニアとして後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

独立後に後悔した人の例や楽しくフリーランスエンジニアとして働くことができる人の特徴を説明していきます。

スキル不足が原因

フリーランスエンジニアはスキルが不足していると、案件を探すのが大変です。

スキルが不足していると、案件獲得の幅が狭まるため自分ができる仕事が本当に少なくなります。

そのため、報酬も下がり案件の獲得に相当な労力を費やしてしまうことになります。

案件を見つけるために過大評価したものを記載しても、通報されたりトラブルになりかねません。

やっと契約することができる案件を見つけたとしても、すぐに解除されてしまう原因にも繋がりますので、フリーエンジニアになる前には、十分なスキルを身に付けておきましょう。

独立してしまった後になぜ後悔するのか

勢いだけで独立をしてしまうと、独立後に後悔することになります。

なぜなら、事前の情報収集や準備をせずに勢いだけでフリーランスとして活動してしまうと、失敗が続き、挫折し生活が困窮する可能性があるからです。

収入がいきなり0なんて人もまれにいます。

生活を守るためにも、勢いだけでフリーランスエンジニアとして開業するのは避けた方がいいでしょう。

フリーランスエンジニアになって後悔した例

①「スキル不足」

フリーランスエンジニアになって後悔は少ない方のようですが、スキル不足が引っかかっているようです、独立する前にプログラミングはしっかりと学んでおくべきですね。

 

②「もっと早く独立するべき」

こちらは、もっと早く独立をすれば良かったという意見です、3年の実務経験は長く会社員をとして務めている人にとって浅く感じるかもしれませんが、案件が多く転がっているようです。

フリーランスエンジニアとして活躍するのは案外早い方が良いのかもしれません。

 

③「単価交渉で大きく変わる」

フリーランスあるあるですが、自分の報酬を決めるのは自分次第なので、損をしないために自身のスキルにあった単価で企業と交渉することをおすすめします。

楽しく働く事ができる人

フリーランスエンジニアとして楽しく働くことができる人の特徴は、常に挑戦し続けている人です。

希望の収入や自分のスキルでできるものだけではなく、自分を成長させることができそうな仕事や将来のニーズになりそうなものを予想し、積極的に案件を取りに行く挑戦ができる人が長く案件を獲得できコンスタントに収入を得ることができるのです。

自分をスキルアップさせる事で案件が増えますし、顧客の信頼度もアップします。

一方同じスキルで長く働いても報酬が大幅に上がることはありません。

そのため、常に自分のスキルを常に成長するために挑戦し続ける人が長く楽しく働くことができるのです。

フリーランスエンジニアになる前の重要な準備

フリーランスエンジニアとして成功を収めることができるよう、独立する前に準備しておくことを確認しておきましょう。

税金知識をつけておく

企業に所属している時は、企業が経理の処理をしてくれますが、フリーランスになると、税金関係を自分で処理しなければなりません。

確定申告や経理は思ったより面倒です。

フリーランスの中には確定申告や税金関係の処理に何日間も取られてしまうため仕事だけに専念できないため税理士に任せている、という人もいるくらいです。

ただ、自分の事業について把握するためにも、経理関係は自分でやってみた方がいいという意見もあります。

経理関係の処理は、フリーランスになると思ったより大変な作業のため、独立する前に領収書やレシートの管理方法や税金の知識を身に付けておくことをおすすめします。

開業届を出す前にするべきこと2点

フリーランスエンジニアは個人事業主になるため、開業届を提出します。

開業届を提出する前には以下を済ませておきましょう。

  • 事業用のクレジットカードを作成する
  • 不動産契約を済ませておく

この2点を事前に済ませておきましょう。

なぜならフリーランスは社会的信用が低いため、フリーランスになってしまった後では、この2点の審査が通らないことがあるのです。

開業後に後悔しないように審査を済ませてしまいましょう。

自己管理能力を備える

フリーランスエンジニアには必須なスキルです。

自分は、どのようなスキルを持っていて、営業活動からクライアントとのコミュニケーション、スケジュール管理能力まで必要となってきます。

独立後は、作業中に納品に間に合わないと感じた案件があったとしても、フォローしてくれる上司や同僚はいません。

全てが自己責任のため、どれほどの仕事をどれくらいの時間を進めることができるのかを把握し、納期を厳守することが大切になってきます。

スキルは身についているか確認する

クライアントが求めているものを提供するためには、それに見合った充分なスキルが必要です。

自身の持つスキルを売りにして案件を獲得するので、高い収入や追加で案件を獲得することができる継続案件を得るためにもスキルは身に付けておきましょう。

まれにブラック案件というものがあります。

スキル不足でフリーランスになってしまうと、案件がなくブラック案件に入らなければ収入を得ることができない可能性もあります。

独立後に、もう少し充分なスキルを身に付けておけばよかった、、と後悔する前にスキルを身に付けておきましょう。

自分がフリーランスエンジニアになるための充分なスキルがあるかどうかは、こちらの

フリーランスエンジニアの豊富な案件なら【midworks】
で相談することができます。

現在正社員や派遣社員でフリーランスになろうか悩んでいるという人、自分の市場価値を知りたいという方におすすめのエージェントサービスです。

また、豊富な案件の中から自分にとってお気に入りな求人を見つけることもできるかもしれません。

下記のリンクから詳細を確認することができます。

【未経験でも】準備をしっかりとすれば成功できる

資格や実務経験が無い未経験であっても、スキルを磨いてコスパも効率もよくフリーランスエンジニアになれる方法はあります。

それは、未経験から正社員のITエンジニアとしてまず働きそれから独立する方法です。

このやり方は、独学でお金をかけて勉強する方法よりもコスパも効率も良いです、実際に働いてみて経験を積むことができるので、お給料を貰いながら、先輩の意見なども聞くことができたり、どのような働き方ができるのかを知るチャンスにも繋がります。

IT化が進む中、エンジニアの需要は非常に高いので、未経験でも就職先を目指しやすい職業だといえます。

フリーランスエンジニアは、実務経験がないと仕事獲得は難しいので、開業する前にスキルは身に付けておきましょう。

こちらの

【フリーター・未経験歓迎】手に職をつけるプログラミング&就活スクール
では、未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方の無料カリキュラムが用意されています。

2~3ヶ月のプログラミング研修を終えたあと、就職を希望しているユーザーへのサポートもして下さいます。(現在はオンラインで対応)

円でプログラミングの勉強ができる上、就業率は96.2%と非常に高く、就職支援サポートも充実しております。

エンジニア転職に興味がある人は下に表示している画像から詳細をチェックすることができます。

フリーランスエンジニア後悔しないために【まとめ】

フリーランスエンジニアとして独立後に後悔しないために、しておくべき準備などをご紹介致しました。

案件を選ぶのも働く場所も自分次第で多彩な働き方ができるフリーランスエンジニアは、非常に魅力的な仕事だといえます。

フリーランスエンジニアとして成功するために開業前の準備を怠らず頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました