ルームシェアは不可だけど2人入居可なぜ?

シェアハウス

賃貸マンションの入居募集などで見かけるルームシェア不可2人入居可の文字、似たようなものに感じますが具体的な違いが分からず疑問に思っていませんか?

実は一緒に住む人によってルームシェアになるのか2人入居になるのかが異なります。

大家さんが家賃の滞納などのトラブルを避けるために一緒に住む人を限定しているためルームシェアと2人入居の記載で分られているのです。

この記事ではルームシェアと2人入居の違いとなぜルームシェア不可物件が多いのかをまとめます。

この記事を読めば自分達は2人入居かルームシェアどちらの対象になるのかどうかを知ることができます。また、どうしてもルームシェアを経験したい場合の解決策も知ることもできます。

 

もしルームシェアがよく分からない方がいれば、こちらの記事で解説していますので参考にして下さい。

>>シェアハウスとルームシェアの違いとは?友達と住むならどっち?

ルームシェアと2人入居の大きな違い

ルームシェアと2人入居の違いは一緒に住む人によって分けられています。

ルームシェアとは

ルームシェアとは、いとこや夫婦、兄弟などの近い関係の人以外の友達や他人同士で1つの賃貸に住むことをいいます。

カップルもルームシェアに含まれますが、結婚を前提としているカップルであれば例外になる場合があります。

2人入居とは

文字通り2人入居物件は2人でしか入居することができません。

一緒に住むことができる人は血縁関係がある親子や夫婦、兄弟などに限定されています。

ただし、結婚を前提としているカップルは例外で入居できる場合があります。

なぜルームシェアを不可にするのか

賃貸マンションは1人やファミリー向けが多いうえ、ルームシェアが可能な物件は流通している物件の内のたった3%程しか存在しません。

なぜルームシェアを不可としているところが多いのでしょうか。

1つ1つ詳しく解説していきます。

短期間で契約を終了してしまうことが多い

友達や他人同士で共同生活を送るルームシェアは、数か月から1年で終わることが多い傾向にあります。

一般の賃貸契約は2年間です。何年も家を借り続ける保証がないルームシェアは大家さんに断られることが多いのです。

カップルの同居はルームシェアの対象ですが、結婚を前提としいる同棲の場合は、長く一緒に住む傾向にあるのでので許可している物件もあります。

家賃の滞納やトラブルを避けるため

大家さんが家賃の滞納などトラブルを避けるために、ルームシェアを不可としていることが多いです。

例えば騒音のトラブルやルームメイト同士のトラブルにより家賃が払えなくなる可能性を恐れています。

 
部屋を貸しているにもかかわらず家賃が入らないのは空室と同じ状況です。

さらにトラブルを解決するための費用、労力がかかることを回避するために最初からルームシェアを不可としている物件が多いのです。

ルームシェア可でも審査がある場合も

ルームシェア可の物件をやっと見つけた場合でも、それぞれの関係性や各入居者の審査をされる場合があります。

審査内容の例は、ルームメイトの人数、性別、年齢などの条件と関係性を審査される場合。また、経済的に家賃を払えることができるかどうかなどを審査される場合があります。

個別に見れば経済的に入居に適さない人がいた場合でも全員分の収入を合計することで十分に満たす場合は入居ができることもあります。

大家さんや管理会社によって判断は様々なので気に入った物件があれば問い合わせてみましょう。

どうしてもルームシェアがしたい場合は?探し方は?

なかなかルームシェア物件を見つけることができない。

けれど、どうしてもルームシェアをしたいという場合は、ファミリー向け物件やシェアハウスに住んでみることをおすすめします。

また、一般賃貸でも大家さんに相談してみることで許可がおりることもあります。

ファミリー向け物件を探す

ファミリー向け物件は3人から6人ほどで住むことを想定しているので、最初から入居できる人数が多く、騒音のトラブルを恐れルームシェアを不可にしている物件が多い中、ファミリー向け物件は、防音対策がしっかりしていることが多いので、ルームシェアの許可が下りることが多いです。

ただ部屋数が多くなるので一般賃貸と比べるとファミリー物件の家賃は高くなります。

ルームシェア可でも記載がないことがある

ルームシェアが可能か不可能かの記載の義務はありませんので、記載がない場合があります。

特に記載がない物件の場合はどちらか判断はできません。

中には、ルームシェア可と記載されていなくても、複数人で入居の契約ができたという事もあります。

賃主と実際に会って話してみて、契約が大丈夫だと判断されれば契約ができる場合があります。

記載がない場合でも、写真や情報を見て、もし自分に合っている物件を見つけた場合は、積極的に問い合わせをしてみましょう 。

経済状態がいいことを証明する

貸主が懸念するのは、家賃の滞納です。

もし同居人が退居しても家賃を滞納するような経済状態で無い事が入居審査で判断されれば入居できる可能性は上がります。

入居後に申請してみる

ルームシェアはできない物件であったとしても、入居後しばらく経ってから管理会社に入居人数を増やせるかどうかを相談すれば許可されることもあります。

大家さんは、滞納により家賃を受け取ることができなくなることを心配しています。

家賃をしっかりと払い信用してもらってから申告をすればルームシェアの許可がおりることもあります。

シェアハウスに住む

どうしてもルームシェアをしたい場合は、似たような生活をすることができるシェアハウスもおすすめです。

シェアハウスは、最近とても人気な物件であり、北海道から沖縄まで全国各地で物件が存在します。

また、オフィスや空港から近い物件など様々な条件の物件なども存在します。

 

基本は初対面の人とキッチンやリビングなどを共用するシェアハウスですが、友達同士の入居も受け付けている物件もあります。

 ドミトリーという複数人で1つの部屋をシェアする部屋がある物件もあるので、どんなが部屋のタイプがあるのかをチェックしてみましょう。

部屋も友達とシェアをしたい場合はドミトリーもおすすめです。

もしドミトリーでの生活に不安がある方はこちらをご覧下さい。

>>ドミトリーに住むのは辛い?トラブルは?【2年間入居してみた結果】

 

シェアハウスの良い点は、水道光熱費やWifi代も家賃に含まれている物件が多い点です。

そのためルームシェアとは異なり、ハウスメイトとお金の管理をする必要がありません

 

もしも、物件の綺麗さやリビングルームのクオリティにこだわるのなら、ソーシャルアパートメントに友達と入居してみるのもおすすめです。シェアハウスよりクオリティが高いものが多く、ホテルのような物件もあります。詳しい内容はこちらをご覧ください。

>>シェアハウスよりもいい?今話題のソーシャルアパートメントとは?

まとめ

自分がもし共同生活を考えているのなら、ルームシェアか2人入居どちらの対象になるのかを判断してから物件探しをしましょう。

ルームシェアの場合は、なかなか物件が見つからないことが多いですが、シェアハウスに住んで共同生活を送ってみることや、一般賃貸であっても家賃を払うことができる経済状況を大家さんに提示したり、ファミリー物件を探してみることも手です。

もしも、一般賃貸で家を借りるときは、家を解約するときの家具家電の持ち主のトラブルを避けたい方や費用を安く抑えたい方は家具レンタルをすることもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました