今話題のNFTって?仕組みや将来性は?初心者にも分かりやすく解説

Uncategorized

 

昨年、2021年3月に1つのデジタルアートが唯一無二なNFTアートとして登場し約75億円で落札されました。

この一件があり、NFTはデジタルアート市場として注目を集めています。

将来的にはゲームや不動産などの様々な分野で活躍をしていくとも予想されています。

記事の内容
  • NFTとは一体何なのか
  • どうして唯一無二の作品として成り立ち、高額な額で落札されるのか
  • 一般人でも購入や販売などの利用ができるのか

これらを詳しく解説していきます。

 

本記事を最後まで見ることでNFTの仕組みや特徴、利用方法や活用方法までも知ることができます。

3分程度で読めてしまいますので、NFTに興味がある人は最後まで読み理解を深めましょう。

そもそもNFTとは?

最近話題のワード「NFT」ですが、一体どういう仕組みで成り立っているのか、そしてどういう特徴があるのでしょうか。

1つ1つ見ていきましょう。

NFTの特徴

NFTとは正式名称「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」と呼ばれ偽造することができない仮想通貨技術を使用したデジタルデータのことを指します。

このデジタルデータをブロックチェーン(セキュリティに優れている&改ざん困難)上にアップロードすることで売買が可能になるのです。

通常のデータの写真や絵、音楽などは簡単に複製できてしまい、貴重さはありません。

NFTは代替不可能であるため、通貨としてではなく唯一無二な作品として価値がつけられ流通しているのです。

売買だけではなく、ゲーム内の独自のキャラクターであったり、アートや不動産などの所有権を証明するためにも利用されています。

作成は誰にでもできる

ブロックチェーン上に自分の作品をアップロードすることで、誰でも利用することができるのです。

例えば、自分の書いた文章であったり絵画、音楽などの現実で作成したアナログデータでも全てNFT上デジタルデータに変換することができるのです

現実世界にあるデータ全てをNFT作品として扱うことができるということです。

そのため、容易に作品を唯一無二なものとして変換ができるNFTは、今まで数々の作品を生み出しているアーティストや一般人から大変注目を集めています。

そのため、将来も市場が拡大されることが予想されているのです。

条件を設定して売ることができる

NFTは契約が自動で執行されるスマートコントラクトを採用しているため、取引には仲介者はいません。

不測の事態が起きることを防ぐためデータの持ち主は、NFTの取引をする際に色々な機能を追加させ管理することができます。

例えば、二次流通された作品の売上げの一部を作成者に還元するシステムや、取引終了後に作品が改ざんされることを防ぎ正しく使用されるために投票を設けることなどが挙げられます。

NFTの今後は?将来性はある?

日本では、まだまだ10人に3人程しか認知度が無いといわれているNFTですが、今後は市場が拡大されることが予想されています。

現在でもNFTの市場が急拡大しており、数々の有名人が利用し、一般人でも取引をしているシステムなのです。

利用している有名人は?

前澤友作さんはNFTに4.8億もの額を投資されています。

世界的ミュージシャンであり、ピコ太郎を世に広めたジャスティンビーバーのTwitterやInstagramのアイコンも現在は、NFT画像に切り替わっています。

8歳男児の絵が370万円相当で売れる時代【話題のツイート紹介】

2021年9月に日本人の8歳男児の絵が370万円相当で落札された情報も大変話題になりました。

他にも「NFT作品が売れた」というツイートが数々ありましたのでご紹介致します。

作品売買だけではないNFTの活用方法

NFTは、デジタルアート作品の売買以外にも、改ざんが不可能という特徴を活かし、様々な方法で活用されています。

例えば、電子投票システムの開発の取りくみがされていたり、メディア内での広告の非表示権などの売買がNFTのマーケットプレイス上で取引きをされています。

現在は、ゲームや不動産など様々な業種でNFTを活用した取りくみが開始される予定です。

そのため、これからもNFTの規模は拡大していくと予想されているのです。

NFTの利用方法

さて、NFTを利用するにはどのようなやり方があるのでしょうか。

それぞれご紹介していきます。

NFTに作品を出品する

自身のコンテンツをNFT化し販売することができます。

既存のコンテンツを変換する場合、初期費用無しで変換することができるのです。 

 

8歳の少年の絵が370万円相当で落札されてしまう世の中です。

アートを作成している人は、NFTに変換し唯一無二な作品として価値をつけるべきだと思います。

 

また、もし自分自身が作品を持っていないという場合は、外部にコンテンツ作成を依頼し、NFT上で取引をするという方法もあります。

NFT作品に投資をする

唯一無二で貴重なNFT作品に投資をする投資家が増えたことにより、多くの作品の価値が高くなっています。

多くの作品の中から、投資家から需要がありそうなNFT作品を選びアートを購入し、タイミングを測り、価格が上昇したら売却をする。

ということが頻繁に起こっています。

NFT作品は、市場が拡大していることから、どんどん価格上昇を繰り返しています。

早い段階から保有し、NFTの市場成長に合わせてタイミングを見ながら価格差益を狙うやり方が賢い方法です。

NFTの始め方

cryptomall(クリプトモール) というショッピングサイトから始めます。

cryptomall(クリプトモール)世界最大規模の商品数を誇る専用ショッピングモールです。

こちらのショッピングモールでは100万点以上の商品から選ぶことができます。

作品数が多いということは、良い商品に出会える確率が高くなります。

また、下記の画像からだと無料会員登録で2,500円相当のトークンがプレゼントされます。

作品の購入を考えている方は、ぜひ2,500円相当のトークンを貰い、世界最大規模の商品数のマーケットから最初のステップとして作品を購入してみましょう。

また、出品のみの方もこちらの画像から飛んで簡単に登録ができますよ。

NFTはこれから身近なものになる【まとめ】

インターネット社会へと変化してきている中、仮想通貨やNFTはこれからどんどん身近なものになっていくと予想されます。

複製や改ざんが簡単にできてしまうようになった今の時代、NFT上で自分の作品に価値をつけ唯一無二な作品として証明することができるこのシステムは、需要も伸びていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました